FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏目に出る感じ

・こんな感じの時はやっぱり太宰かな、と軽い気持で読み始めた『人間失格』論が、読み進めるごとにクリティカルなダメージを与えてくるので困った。特に4/4。シンクロ率が異常。端々でみぞおちにえぐる様なパンチを入れられ「うぉっふっ・・・」と情けない声が出る。但しその瞬間の私は笑っている。ドMですから。
 →太宰治論トップページ

・あと手塚先生の『火の鳥』なんかはこんな時には読んじゃダメ、絶対。あれは私にとって「親密さへの憧れの象徴」として存在してる。「親密さの個人的理想像」ではなく、あくまでも「象徴」的存在。

・こんな写真撮ってる場合じゃない。
オトモ
スポンサーサイト

リアルタイムで日記あげれない病罹患中

・日記というより回想録。あのあと普通のカレーが作りたくなって鍋一杯作った。普通に食べるのに飽きたらいつもカレーうどんにする。

アルパカ
何かがこちらを見ていますが気にしないでください

・別の日。北海道土産に頼まれていたじゃがポックル。ジャガビーと比較してみた。

芋祭
袋はジャガビーの方が若干小さい

食べてみましたが、ほとんど変わらない・・・。しいて言えばジャガビーに味の素をかけた感じがじゃがポックル、てな具合か。

件の

・スープカレーを食べたことのない私が酔狂でスープカレーを作ってみたでござるの巻。

〈材料〉
●じゃがいも 1個
●鶏肉 から揚げサイズのやつ4切れ
●ほうれん草 1.5束ぐらい
●しめじ パック半分
●市販のスープカレーの素

スープカレーの素に書いてあった手順をもとに作っています。

じゃがいも鶏肉
ほうれん草の下準備のことばかり考えていて材料の集合写真を撮り忘れたので、じゃがいもと鶏肉はいきなり鍋の中です。煮ています。

ほうれん草しめじ
ほうれん草は下茹でし、しめじは石づきを取ってほぐしておきます。

らっきょ?
じゃがいもと鶏肉が煮えたら、こちらのペーストとほうれん草・しめじを鍋に投入、一煮立ちさせます。

鍋
見た目がカレー鍋のようなんですが、これで合ってるのかどうかわからない。灰汁がでてきたので取ります。

完成
なんとか完成。辛味スパイスは半分ぐらい使いました。結構辛い。

・ところで箱には「ごはんをスプーンですくってスープカレーに軽く浸すか、スープとごはんを別々にお召し上がりください。」と書いてある。たぶん、「スープカレーかけご飯」状態にはしないでくれという意味だと思うんだけど、「別々にお召し上がりください」ってなんかそれってスープカレーの意味があるのか?と思った一文でした。でも「カレーライス」とは一言も謳ってないから、それでいいのか…。

・なんだかいろいろ腑に落ちないまま「浸す」と「別々」の両方の食べ方で、完食。前のエントリにも書きましたが「しょっぱい具だくさんのカレースープ」でした。今後、本物を食べに行くことはあっても自分で作ることはもうないだろう。素があと一食分残ってるんだけど、何かこれ以外の用途に使えるだろうか。

ルピシアが太っ腹すぎる件

※しばらくは遡り日記が続く予感。

・6月30日の晩、未だ食べたことのないスープカレーという食べ物を自ら作ってみるという酔狂をやらかし、結果「しょっぱい具だくさんのカレースープ」が出来上がった模様は別の機会に写真を上げます。問題はその翌日なのだ。身に覚えのない宅配便の不在通知が入っており、何事かとドキドキしながら荷物を受け取ったら受領書には「プレゼント」の文字が。早速開けてみたらこんなの入ってました。

ティーバッグセット
ティーバッグセット30種。販売価格3000円。
ルピシア オンラインストア

・「国内外店舗数が100を突破した記念」との事。ルピシアの通販は去年の桜茶の季節に利用したきりだったのに、しかもそれ以前も特に頻繁に使ってるわけでも、高額の注文をしているわけでもないのに、なんと気前の良い。前の晩は夜中に凹みモード全開で2時間ぐらいしか眠れなかったんだけど、これでちょっと立ち直った。空気を読んだプレゼントをありがとうルピシア。通販また使うかどうかは検討中。

食卓四枚

夏
7月なので(?)そうめんを解禁
チーズ納豆はおつまみ

ウォッカと納豆
今日のドリンクはウォッカのソーダ割りにカットライム
チーズ納豆との相性は驚くほど悪いです


しょうゆの方
遡って昨日のごはん
札幌のラーメンの味なつかしすぎた

完食
しかし、醤油ラーメンってこんなに真っ黒でギトギトしたスープだっただろうか…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。